calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

自作ゲーム:3次元インベーダ「MONOLIST」

0
    久々にゲーム作りました。
    リハビリを兼ねて、今回はインベーダゲームです。

    ゲームはこちら

    つか、ブログ用の技術デモ作るつもりだったのが、つい作りこんじゃって一つの作品が完成したという白物です。そんな流れから、ゲーム自体はシンプルなインベーダなんですが、それだけじゃつまらんので、上中下の3段レイヤーでもって3つのインベーダを並行してこなすという内容になってます。
    インベーダ自体が一つの確立されたシステムとして完成されているので、プラスアルファの要素をちょっと付けただけで、それなりにゲームバランスに仕上がったと思います。

    世界観としてはやはり昔ながらのピコピコした感じを出しつつ、新しい要素も味付け的に盛り込んで、「古いんだけどなんか新しい感じ」を出したつもりです。(今更ながらPerfumeのアルバム「Game」にはまって影響された感が否めませんw)

    技術面としては、2DなゲームながらもPV3Dを使っています。敵は見ての通りPLANEです。あと今回初めてPerticleとかLines3DとかViewportLayer(alpha制御)とか使ってみて、結構いいパフォーマンスが得られることがわかったので、今後多用していくことになりそう。今回は最初から「あまり凝りすぎずにパフォーマンス確保重視!」が一つのテーマでもありましたしね。

    他にも新しい試みは色々ありましたが、中でも特に大きいのが、効果音とBGMを自分で用意したこと。FL Studio Fruity LoopsというDTMソフト(?)を使いました。効果音なんかはドラムセットの単体の音とかをほぼそのまま使ってるだけなんですが、長さや音程の調整なんかもできるので、より自分の理想のものが用意できます。音自体の質もいいですしね。
    BGM作成も沢山あるループなんかを組み合わせて以外と簡単にできちゃうので、FLASHコンテンツの音探しで苦労されている方はネットで探す時間があったら作り方覚えた方が全然早いなって感じですのでお勧めです。

    コメント
    おぉ! コレおもしろいです!斬新なのにルールが分かりやすくていいですね!
    3Dなのに意外と軽いのも驚きました。

    BGM作成もチャレンジしてみますっ。
    • South
    • 2008/10/11 6:28 PM
    >>Southさん

    3Dはやはり色々試行錯誤して「軽い処理」と「重い処理」の違いが最近やっと分かってきました。

    BGMは簡単なものでも、あくまでBGMなんで、下手に曲として聞かせる事を前提にしているモノをダウンロードして使うより、簡単なものでも自分で作った方がマッチするみたいですよ〜
    • ぽりG
    • 2008/10/12 9:58 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック