calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

Flashで3D基本編:▲汽鵐廛襪鯑阿す

0
    第二回目は、早速簡単なサンプルを動かすところまでの手順を書いていきたいと思います拍手
    第一回目の環境設定をまだやっていない方は、そこから進めてください。)

    さていきなり3Dを動かすのか!?といっても身構える必要はありません。
    必要最小限のサンプルプログラムを掲載していますので、そのまんまコピーすればとりあえずは動くと思います。プログラムの内容も、今の時点では理解する必要はありません。今回覚えていただきたいのは、全体の構成だけです植物

    では、手順を進めていきます。
    今回の手順は3ステップですジョギング


    Flashのファイル(sample.fla)を作成する。
    ・Flash CS3を開きます。
    ・[ファイル]-[新規]を選んで、一覧から[Flashファイル(AS 3.0)]を選択して[OK]ボタンを押します。
    ・[プロパティ]の[ドキュメントクラス]というところに、 sample3d と書きます。
    ・[ファイル]-[保存]を選んで、ファイル名sample.flaとして任意の場所に保存します。


    ■械張廛蹈哀薀爐鮑鄒する。
    今回は3Dプログラムは書くのではなく、サンプルプログラムをダウンロードしてそれを使います。
    ・以下URLを右クリックして[対象をファイルに保存..]を選択する。
    http://polig.daa.jp/sample3d.as
    ・手順,悩鄒したsample.flaと同じフォルダに、ファイル名 sample3d.as で保存する。


    実行する。
    ・Flash CS3(sample.flaが開いている状態)で、[制御]-[ムービープレビュー(W)]を押す。


    以上手順で、↓のような画面が表示されます。

    デモはこちら

    今回の覚えていただくポイントとしては、Flashのファイル(sample.fla)で設定したドキュメントクラスから、3Dオブジェクトを動かしているActionScriptファイル(sample3d.as)を呼び出して動かしている点です。

    flashではタイムラインに直接ASを書き込むこともできますが、このようにドキュメントクラスで外部のASファイルを呼び出して動かした方がよりよいパフォーマンスを得られますし、いろいろなサイトで紹介しているプログラムも、このドキュメントクラスで指定する事で動かせるものがほとんどですので、ぜひこの方法を覚える事をお勧めしますひらめき

    ドキュメントクラスで指定するファイルを1から自分で作ろうと思うと、また色々制約を覚えなきゃいけなんですが、今の時点では、「ドキュメントクラスにASファイル名を書くと、実行したときに最初にそのプログラムが動くんだな」とだけ覚えておいてください。


    という訳で、次回は3Dプログラム内容の解説をしていきたいと思います。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック