calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

PV3Dのブレンド未対応対策(爆発ムービークリップ)

0
    前回エントリーした爆発モーションは、背景を黒以外にした場合に煙画像の黒い部分(背景部分)が見えてしまうことが分りました。

    デモはこちら

    ざっと調べた結果、PV3Dのマテリアルで使用するテクスチャ画像は、アルファは正確に反映されるものの、ブレンド情報は正確に表示反映されない(サポートされていない?)事が分りました。煙は背景が黒の素材をブレンドモード加算で使用しているので、それが見えてしまっています。

    ※2008/9/6追記)オブジェクトのuseOwnContainerプロパティをtrueにすることでブレンドを適用する事ができます。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。

    そこで、Photoshopで作成した煙画像を、背景を透明にしたもので作成し直しました。作成手順は以下のような感じです。

    1.白黒の雲模様を作る。(画像左上)
    2.別レイヤーで、中心が透明な黒のグラデーション(円)を描く。(画像右上)
    3.2つのレイヤーを統合する。(画像左下)
    4.黒部分を透明にする。(画像右下)
    5.この画像をPNGで保存する。

    で、この画像を使って実現したのが↓

    デモはこちら

    怪我の功名というか、前よりもより爆発っぽくなりました。
    Photoshopも最近使い始めたんですが、色々な素材を簡単に作れそうで面白いですね。
    Photoshopはまだまだ初心者なんですが人並みに使えるようになりたいです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック