calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

爆発ムービークリップと爆発クラスの作成

0
    PhotoShopで作った雲模様と光をブレンドで掛け合わせて、爆発のムービークリップを作りました。

    デモはこちら
    ソースはこちら

    PhotoShopの雲はこんな感じで作ります。

    PhotoShopはあまり使い慣れないんで他のサイトを参照して欲しいんですが、簡単に説明すると
    ・[フィルタ]-[描画]-[雲模様1]で白黒の雲を描く。
    ・新しいレイヤーを作り、グラデーションツールを使って中心がアルファ0%、外側がアルファ100%の黒の円を描く。
    って感じで作ります。

    あとは光の円と雲画像をブレンドモードで掛け合わせてモーショントゥイーンさせて出来上がりです。
    光の作り方やブレンドについては以下エントリーが参考になると思います。
    ブレンドを使用して画像の背景(黒)を透明にする
    塗りカラーをアルファでグラデーションして光を表現する

    で、このムービーを使って、爆発を司るクラス(effectsクラス)を作成しました。

    デモはこちら

    effectsクラスのexplosion関数に対象のオブジェクト、爆発の大きさ、点数、サウンドを渡すと、オブジェクト内のプリミティブをランダムで吹き飛ばしつつ、指定された条件で爆発を起こすと。

    爆発のマテリアルはPlaneに張り付けたムービークリップですが、MovieAssetMaterialではなくMovieMaterialを使います。MovieMaterialではMovieClipを引数として渡すのでgotoAndPlay関数が使える為、これを利用して爆発モーションと設定タイミングの同期を取っています。

    2008/6/10 追記:PV3D(GreatWhite)では個別のMovieClipのblendModeが適用されないようです。デモがそれっぽく動いているのは、背景が黒だったからでした。別途対策を検討中・・・orz

    コメント
    このブログを参考にさせていただいております。

    もしご存知でしたらすみません。
    以下は画像の黒成分を検出して、その部分を透明化するPhotoShopのプラグインです。上記の爆発のグラフィックのようなものを作る際に使用されるとよ便利かと思います。

    ttp://www.ayatoweb.com/download/down04.html

    よろしくおねがいします。
    • my
    • 2009/06/09 6:15 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2018/05/26 8:49 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック