calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

PV3D(GreatWhite)でGoogleSketchUpのKMZファイルを直接読み込む

0
    引き続き、外部3Dモデル取り込みネタです。
    今回は3DギャラリーにアップされているGoogleSketchUpの3Dモデルを取り込んでみました。


    デモはこちら ※若干重いです。
    ソースはこちら

    手順としては以下の通りです。
    ・GoogleSketchUpで3Dモデリングを作成する。(または3Dギャラリーからダウンロードしたファイルを開く)
    ・[File]-[Export]-[3D Model...]を選択し、[Google Earth 4 *.kmz]形式でファイル保存する。
    ・Flash側(GreatWhite)で、kmzファイルを読み込む

    今回のポイントとしては、ソースや手順から分かるように、GreatWhiteから直接kmzファイルを指定して読み込む点です。以前はkmzを解凍して中のdaeやテクスチャを読み込んでいましたが、GreatWhiteからはその必要がなくなりました。

    GoogleSketchUpの3Dモデルを利用できる利点は、何といってもネットで公開されているモデリングの数の多さにあります。3Dギャラリーでは世界中からアップされたモデルが豊富にあり、且つダウンロードできます。

    また、GoogleSketchUpはフリーソフトですし、個人的には使い勝手も非常によく感じるので好きです。ただ難点として、Flash側では圧縮ファイルからのデータ読み込みの為か、動作が重いです。

    ※自分で検証した結果に基づいて記述していますが、誤った内容が含まれている可能性がある点ご了承ください。
    ※ダウンロードした3Dモデルの所有権や著作権等の権利についてはご自分で確認の上ご利用ください。
    ※GoogleScketchUpはバージョン6を使用して検証しました。バージョン5でも同様の手順で出来ますが、kmzファイルのサイズが大きくなり、更に重くなるので、あまりお勧めしません。

    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2018/06/10 7:13 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック