calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

NET拳FIGHTER 避けシステムの説明

0
    JUGEMテーマ:ゲーム


    もう半年以上前になりますが、避けシステムを追加していましたが、詳しく説明していなかったので仕様について公開したいと思います。

    ■避けとは
    NET拳では、上(Eキー)や下(Dキー)を短く押す事によって、奥や手前方向に軸移動させることができますが、これを相手の打撃技に合わせて出す事によって、攻撃をすばやくかわすモーションになります。これを「避け」と呼んでいます。


    通常、技をガードするよりも短い時間で硬化が切れますので、避ける技によっては大ダメージの反撃を確定させる事ができます。

    避けは、相手によっては非常に有効な手段ではありますが、NET拳の中では一番難しいテクニックの部類になっています。
    具体的には以下のような点があります。

    ■避けリスク1・タイミングが難しい
    避けは、タイミングを相手の技に合わせて出さなければいけません。(厳密には、相手の攻撃モーションが出てからヒット判定がでるまでの10数フレームの間)
    相手の技のタイミングと合っていない状態で避けようとすると、通常の軸移動モーションになってしまいます。軸移動モーション中はガードできず無防備の為、相手が技を出すタイミングがちょっとずれると、軸移動中に相手の攻撃が当たってしまいます。

    ■避けリスク2・技によって避けられる方向が違う
    技によって、相手の腹側・背中側と避けられる方向が決まっています。
    例えば、ミドルキックは相手の背中側にしか避ける事ができません。直線的な技は、どちら側にも避ける事ができます。
    回転系の技はどちらにも避ける事はできません。(逆に相手が避けると思ったら回転系の技を出すとよいです)
    どの技がどちらの方向に避けられるかは、一人用で[2]キー(スロー再生)と[3]キー(判定表示)で確認する事ができます。

    スロー再生で。画面左下に避けられる方向が表示される。

    ■避けリスク3・避けが失敗して軸移動になるとその間無防備状態になる
    軸移動モーション中はガードができません(投げ抜けはできます)

    避けを成功させるには、相手の出す技を読むとともに、技のタイミングもぴったり合わせる必要があります。
    ですが、避けキャンセルを上手く使う事によって、ある程度避けのリスクを軽減させる事ができます。

    ■避けキャンセル
    避けが失敗して軸移動になってしまった場合、前移動(1P時Fキー)か、前しゃがみ移動(1P時D+Fキー)によって避けモーションをキャンセルする事ができます。また、避けキャンセルした後は直ぐに技を出す事ができますし、ガードもできます。

    ■連続攻撃を避ける
    相手が連続攻撃を出した場合、1回避ければそのあとに続く連続攻撃がヒットする事はありません。(相手はこちらの方向を向かずにそのまま直線的に移動します)ただし、連続技の中に全回転系の技があった場合は、避けた後でも当たり判定が発生します。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    以下は避けを上手く取り入れるテクニックについて紹介します。

    ■避けキャンセルを多用する
    基本的に避け失敗軸移動→キャンセル+ガード(E、D+F+Space)や、避け失敗軸移動→キャンセル+技(E、D+F+Kなど)はセットで手に馴染ませましょう。特に避け失敗からのキャンセル攻撃は、成功避けが出た場合でも避け後の最速攻撃に有効となります。というか、成功避けを確認してから技を出すのでは、最速の反撃は確定しにくいです。

    ■タイミングが上手く合わせられない場合
    相手の技を出すタイミングに上手く合わせられない場合は、ある特定の条件(ある技をガードされた直後、相手にガードさせた直後)の時に避けを入れてみてください。
    例えば、しゃがぱん(↓J)をガードされた直後に、続けてすぐに速い技を出してみます。これを何回か繰り返すと、相手も学習し、こちらのしゃがぱん後に、速い技で反撃を入れてきます。こうなったらしゃがぱんの後にすぐ避け入力を入れれば、綺麗に避ける事ができます。
    しゃがぱん被ガードを例にあげましたが、他にも起き上がり蹴りや、相手が特定の技を出した後など、必ず相手が最速で攻撃を出してくる癖ポイントがあるはずですので、そこで避けを入れてみてください。

    ■避けの使いどころ
    避けはある程度のテクニックによってリスクを減らす事ができますが、それでもNET拳ではリスクが大きい行動の部類になる為、多用はおススメできません。
    ですが反面、要所で上手く使えば、相手に読まれにくく、成功すれば大ダメージを期待できます。
    行動の幅を広げる事で、より相手に行動を読まれにくくすることができますので、上級者の方はぜひ取り入れてみてください。

    コメント
    お疲れ様です。いつもnet拳fighterを楽しくプレイさせていただいております。

    プレイ中にきになったのですが、キャラクターの立ち位置で発生しないコマンドがありましたので報告させていただきます。

    具体的には、キャラクター「妹」で
    右方向を向いているときD+F+Uで昇竜拳がでますが
    左方向を向いているときD+S+Uでは昇竜拳がでませんでした。

    ご確認いただければ幸いです。
    • かくとうか
    • 2015/09/20 8:55 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック