calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

categories

archives

Flashで3D格闘ゲーム作ってみたい その28

0
    JUGEMテーマ:ゲーム


    ネット対戦格闘ゲーム

    モーションエディタ周りが、大分出来てきました。画面は背負い投げを繰り出しているところです。投げのモーションは1P側と2P側をセットで作成する必要があるのでちょっと手間なんですが、その分かっこよくモーションが作れると喜びもひとしおです。

    モーションによって軸となる部分がズレるとリアルな感じが出ないので、キーフレーム毎に体の軸を設定できるようにしています。例えば、この画像の背負い投げの場合、投げる側は左足つま先が地面に対して軸になってて、投げられる側は投げ側の左手と自分の首元、という風に設定しています。こういう設定項目ってゲーム会社の現場では常識なんでしょうけど、自分は業界経験者ではないので自分で考えないといけないんですね。うーん。

    んで、まだ2つ位しかモーション作ってませんが、1つ投げモーション作るのに2〜3時間位掛かっています。慣れてくれば30分位で作れると思うんですが。モーション量産するのはもうちょっと先かな、と。

    あと地面に映る影(ShadowMapMethod系)が結構重かったので、独自に影を計算して表示するプログラムを作りました。が、一応かなり簡易的に作っているつもりなのですがそれでも重いですね。マテリアルをリアルタイム描画(BitmapTextureのBitmap更新)するとGPUの恩恵を受けにくい気がしています。しかも画像の通り、まだ表示がおかしいです。この辺はまだまだ改良の余地があります。

    背景はMMDのステージをローポリ化して配置してみました。この辺のモデリング周りは自分で作ると時間もかかりそうなので、できるだけ出来合いのものを使いたいと考えとります。

    今のところ、キャラ1体約2000ポリゴン、背景2000ポリゴンで合計6000ポリゴン位ですね。Stage3D(Flashの3Dエンジン)的には余裕の数字なんですが、ゲームとして様々な処理をしつつ60fpsで動かすのにはポリゴン数は可能な限り抑えるのがいいのかなーと。ネット対戦する予定なので・・・



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック