calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

categories

archives

ネット対戦3D格闘ゲーム作ってみたい その6

0
    JUGEMテーマ:ゲーム


    今回はキャラを横向きだけでなく、ちょっとづつアングルを変えたものを取り込んで回転させてみました。プリレンダリング式で回転表示の精度を上げようとすると、膨大なデータ量になってしまうので、角度を間引いてそれっぽく見せます。例えば360度回転させるとすると、角度を変えた360パターン必要になります。1キャラで360個なので仮に8キャラクタいると2880パターン必要になってしまいます。これは現実的な数字ではないので、10度刻みとか20度刻みで間引いたパターンを取得して表示させます。

    どの位の角度の単位で間引くと、どのぐらいカクカクするかを試してみたのが↓コレ



    デモはこちら

    自分的には10度単位でも十分かなーという印象。
    んで試行錯誤した結果、キャラクタを20度毎に取り込んで動かしてみたのが↓コレ



    デモはこちら
    ※読込に相当時間かかります

    回転させながら技出すとちょっとパフォーマンス的に辛いです。通常はそんなにアングル変わりまくる事は少ないので、実用に耐えうるレベルではあるかと思われます。swfサイズがものすごい大きくなってしまうので、サイズを小さくするためにFLVのビットレートを下げまくってます。画質が粗いのはこのためです。これでもswfは5MB以上ありますです。1キャラクタでこれだけのサイズなので、サイズ的な面できついかもしれません。

    という訳で、FLVを外部読み込みにするか、画質を更に下げるか、回転する角度をもっと減らすか、いっそ回転は諦めるか、という感じですかね。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック