calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

FlashCS5からのiPhoneOSパブリッシュ手順

0
    Flash CS5からiPhone書き出しをやってみたので備忘録用の手順を記載してみます。備忘録メモなので走り書きであまり具体的な手順は書いていないので全体の工程チェックなどに参照頂ければいいかと。この手順についてはAdobeの公式マニュアルが充実しているのですが、繰り返し同じ記載が多くて長いので、簡潔にまとめてみました。ただしAppleのディベロッパーサイト側の構成が変わるペースが早く、時間がたつと記載した内容通りいかなくなる可能性があるのでその際はやはり公式マニュアルを見ることをお勧めします。

    今回の手順は、全行程をWindows+FlashCS5で行っています。自分はMac+Xcodeも弄った事ありますが、やはりFlashで作った方が効率は全然いい気がします。ただしFlashで作ると非常に重たくなりますので、パフォーマンスを重視するようなゲームだとMac+Xcodeで作った方がいいみたいです。

    尚、本手順は以下を前提として書かれています。
    ・WindowsPCにFlashCS5、及びiTunesがインストールされている。
    ・iPhoneもしくはiPadなどのデバイスがあり、iTunesと同期されている。
    ・Appleのディベロッパー登録を完了している。(ディベロッパー登録は無料だが、iPhoneアプリ開発には、年間一万円くらいの費用が必要です)


    では、以下手順になります。

    ●●●●開発証明書ファイル(p12ファイル)の作成●●●●



    ■OpenSSL-Win32のインストール
    OpenSSLのサイトからOpenSSLをダウンロードしインストールする
    Visual C++ 2008 再頒布可能ファイルもインストール
    ・openssl.exeへのPathを通す(デフォルトインストールではC:¥OpenSSL-Win32¥bin)

    ■秘密鍵の作成
    ・フォルダを1つ作る(ここではC:¥apple_devとする)
    ・コマンドプロンプト(管理者として実行)でC:¥apple_devへ移動して以下の2つのコマンドを実行(mykey.keyとCertificateSigningRequest.cerSigningRequest(CSRファイル)が作成される)

    openssl genrsa -out mykey.key 2048

    openssl req -new -key mykey.key -out CertificateSigningRequest.certSigningRequest -subj "/emailAddress=hoge@hoge.com CN=hoge, C=JP"


    ※emailAddressとCN(証明書名)は適宜書き換える
    ※opensslはエラーが出てもファイルは作成されるがそれは使えないゴミファイルである。エラーが出たら必ずコマンドを確認して再実行すること。

    ■Appleのサイトへの開発証明書の登録(CSRファイルをアップロードしてCERファイルをダウンロードする)
    Appleのディベロッパーサイトにアクセスする(ブラウザはsafariがよいかも)
    ・ログオンし、[iOS Dev Center] - [iOS Provisioning Portal](画面右側)へ進む
    ・[Certificates]-[Request Certificate]をクリック
    ・先程作成した、CSRファイルを選択し[Submit]
    ・Statusが[Pending Issuance]になっているがページを再表示すればすぐ[Issued]になるので、[Download]
    ・[ios_development.cer]というファイルがダウンロードされるので、c:¥apple_devフォルダへ移動させる。

    ■開発証明書ファイルのp12ファイルへの変換(iphone_dev.p12ファイルの作成)
    ・コマンドプロンプトでC:¥apple_devへ移動して以下コマンドを実行(ios_development.pemファイルが作成される)

    openssl x509 -in ios_development.cer -inform DER -out ios_development.pem -outform PEM

    ・続いて以下コマンドを実行

    openssl pkcs12 -export -inkey mykey.key -in ios_development.pem -out iphone_dev.p12

    ・[Enter Export Password]と出るので、パスワードを入力、[Verifying - Enter Export Password]と出たら同じパスワードを入れる。
    ※入力したパスワード文字は画面に表示されないが、内部的に入力は認識されている。パスワードを入力後Enterを押し、[Verifying ...]と表示されたらもう一度同じパスワードを入力しEnterをおす。

    これで[iphone_dev.p12]というファイルが作成される。


    ●●●●デバイスへのprovisionファイル登録●●●●



    ■Appleのサイトへデバイスを登録する。
    ・iTunesを立ち上げ、デバイスを接続する。
    ・デバイスにiPhone/iPadが表示されたら、クリックして[概要]を表示させる。
    ・[シリアル番号]のところをクリックすると、[識別子(UDID)]に表示が切り替わる(40文字の英数字)、この状態で[Ctrl]+[C]すればUDIDがコピーできる。
    Appleのディベロッパーサイトを開きログオン
    ・[iOS Dev Center] - [iOS Provisioning Portal](画面右側)をクリック
    ・[Devices] - [Add Devices]をクリック
    ・Device Nameには「太郎iPhone」とか分かりやすい名前を入力、Device IDに、[Ctrl]+[V]でUDIDを貼りつけして[Submit]

    ■App IDsへアプリケーションIDを登録
    ・[App IDs] - [New App ID]をクリック
    ・[Description]へ分かりやすい名前を入力、Bundle Seed IDは[Generate New]、Bundle Identifierには、自分以外も含めた全てのアプリでユニークなIDを付ける(com.example.aaaとか)
    ・[Submit]をクリック

    ■Provisioning Fileの作成
    ・[Provisioning] - [New Profile]をクリック
    ・[Profile name]は分かりやすい名前、[Certificates]にチェック、[App ID]はさっき登録したものを選択、[Devices]にチェックし、[Submit]をクリック
    ・元画面に戻ると、Actionsが「Pending」になっているが、ページをリロードすればすぐに[Download]に変わるので、ここから[〜.mobileprovision]をダウンロードする。
    ・ダウンロードしたmobileprovisionファイルをc:¥apple_devへ移動させる。

    ここまでの手順で、C:¥apple_devには以下2つのファイルが用意できる。
    ・〜.mobileprovision(モバイルプロビジョニングプロファイル)
    ・iphone_dev.p12(開発用証明書)
    これら2つのファイルが出来れば、準備完了。


    ■デバイスへ、mobileprovisionファイルを登録する。
    ・iTunesを開き、デバイスを接続。
    ・[ファイル] - [ファイルをライブラリに追加](この際、追加されたファイルはどこにも表示されないので注意。再度追加しようとすると「上書きしますか?」と聞いてくる)
    ・デバイスを接続し、同期する。
    ・同期が完了したら、デバイス上で、[設定]-[一般]-[プロファイル]を開きmobileprovisionファイルが登録されている事を確認する。


    ●●●●Flash CS5からIPAファイルを書き出しデバイスへ転送●●●●



    ■アイコンファイルの作成
    ・Flashとは別途、以下の画像ファイルを用意する。
    C:¥apple_dev¥icons¥Icon29.png (29x29ピクセルのアイコン。)
    C:¥apple_dev¥icons¥Icon57.png (57x57ピクセルのアイコン。)
    C:¥apple_dev¥icons¥Icon512.png (512x512ピクセルのアイコン。)
    C:¥apple_dev¥Default.png (320x480ピクセルのアイコン。アプリ起動時の画像。必ずFLAファイルと同じフォルダに保存し、大文字Dから始まる名前にする)

    ■Flaファイルの作成及び書き出し
    ・Flash CS5を立ち上げ、[新規作成] - [iPhone OS]を選択。
    ・C:¥apple_devへ名前を付けて保存する。
    ・キャンバスに適当に絵を描くか、HelloWorldとか書いておく。
    ・[ファイル]-[iPhone OS 設定]をクリックし、以下の通り設定
     [一般]タブ
      [アプリケーション名]アプリの下に表示される名前
      [フルスクリーンモード]チェック
      [レンダリング]CPU
     [デプロイ]
      [証明書]iphone_dev.p12を指定
      [パスワード]p12ファイルを作成するときに入力したパスワード
      [プロビジョニングファイル]mobileprovisionファイルを指定
      [アプリケーションID]多分自動的に代入されるが、Appleのサイトで指定したApps IDを入力
      [デプロイタイプ]クイックパブリッシュ-デバイスでのテスト用にチェック
     [アイコン]
      それぞれの3つのアイコンに、作成したアイコンを指定する。

    ・この状態で[OK]を押して保存
    ・[パブリッシュ]を押すと数分間[パブリッシュ中]が表示された後、IPAファイルが作成される。


    ■デバイスへアプリの登録し動作テストする
    ・iTunesを立ち上げ、デバイスを接続した状態にする
    ・先程作成したIPAファイルをダブルクリックすると、iTunesのAppにアイコンが表示される。
    ・iTunesの[デバイス]-[App]タブを選択し、[Appを同期]にチェックする。
    ・一覧から作成したアイコンを、右のスクリーンイメージ上へドラッグする。
    ・右下の[適用]をクリック。同期が完了するとデバイス上でテスト可能となる。


    ■2回目以降のビルド・テスト手順
    ・デバイス上から、該当のアイコンを削除する。
    ・FlashCS5でパブリッシュしIPAファイルを更新(数分かかる)
    ・パブリッシュが終了したらIPAファイルをダブルクリック(iTunes内のファイルが更新される)
    ・iTunesのデバイス-[App]画面で、アプリのチェックが外れているのでチェックする。(スクリーンイメージ上にアイコンが追加される)
    ・右下の[適用]を押して同期

    コメント
    私もAdobe公式サイトを参照にやってみましたが、p12ファイルへの変換で、[Enter Export Password]と表示されたのでパスワードを入力しようとしたところ入力が全くできませんでした。何度やっても同じですが、何か問題となるようなことで、お気付きの点あれば教えて下さい。
    • kenji fukuda
    • 2010/10/29 3:20 PM
    [Enter Export Password]では、入力した文字は画面に表示されませんが、内部的に入力した文字列は認識されています。パスワードを入力後Enterを押し、[Verifying ...]と表示されたらもう一度同じパスワードを入力しEnterをおしてください。
    • polig
    • 2010/11/01 10:41 PM
    早速のコメントありがとうございます。入力してもカーソルが動かないので認識されていないのかと、思っていました。もう一度やってみます。
    • kenji fukuda
    • 2010/11/10 12:40 AM
    無事にFlash CS5よりiPad用のIPAファイルをパブリッシュすることができました。あとはiTunesで同期させればいいだけです。ありがとうございました。
    • kenji fukuda
    • 2010/11/10 10:48 PM
    突然のメール失礼いたします。私は今FlashCS5.5にてiPhoneのアプリを開発しようと思っているものなのですが、上記証明書の登録を行なってもIPAファイルが作成されずTMPファイルが作成されてしまうのですが、もしも解決策をご存知でしたら教えていただけませんでしょうか?
    • ぬえさぶろう
    • 2012/03/10 6:19 PM
    p12ファイルへの変換で
    C:¥OpenSSL-Win32>
    openssl x509 -in developer_identity.cer -inform DER -out developer_identity.pem -outform PEM
    と打ち込むとエラーが出てしまいます。

    Error opening Certificate developer_identity.cer
    5728:error:02001002:system library:fopen:No such file or directory:.¥crypto¥bio¥
    bss_file.c:398:fopen('developer_identity.cer','rb')
    5728:error:20074002:BIO routines:FILE_CTRL:system lib:.¥crypto¥bio¥bss_file.c:40
    0:
    unable to load certificate

    先に進めず困っています。
    どういった原因がかんがえられるのでしょうか?
    あとはP12ファイルに変換するだけなのですが・・・pemファイルが育成されません。


    • emi yamada
    • 2012/03/26 4:26 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック